豚飼雑感2015年10月
のんびりしたり、結局急いだり

 スコップと一輪車で種豚舎の掃除をしているところなんて今はもうあまりないだろうな。普通、妊娠期間中の母豚は幅60cm×2m位の狭い柵の中で立って寝て、餌食って糞してを繰り返している。歩いたり向きを変えたりはできない。その狭い柵に入って餃子のようにズラリと並べられているので糞の掃除も直線的で楽だ。しかも大抵、尻の所はコンクリート製のスノコになっていて、下に落ちた糞を機械が掃除してくれるので、そもそも母豚の糞を人間が掃除する必要はほとんどない。
 しかしうちは違う。母豚は妊娠期間中でも歩けるようになっている。数年前改修した時、その方が良いに決まっとるという根拠のない自信から、わずかばかりの動くことのできるスペースを設けてやったのだ。実際それで豚たちがオー、スバラシイと喜んでいるかどうかは分からない。でもたまに激しいケンカがあったりはするものの、なんとなくのんびりやっている。そして豚がのんびりやっているかわりに人間は掃除に忙しい。
 朝晩一日2回。作業時間は1回約45分。80頭分の糞をかき集めては一輪車で運ぶ。1日で一輪車4杯。1日に一輪車で糞を運ぶ総距離は約200m。1年で730回掃除するので、146km一輪車で糞を運ぶ。いったいどこへ行くのかという気にもなるが、やるしかないのでやる。次の仕事を考えたり、機械で掃除するようにしときゃよかったなとぼやいたり、ラジオを聴いたり、家族のことや、誰かのことを思ったり、歌ったり、一人で思い出し笑いしたり、あたりまえの事さえよく分からなくなってきた世の中のことを考えてみたり、のんびりしたり結局急いだりしながらやる。あたりまえの事をあたりまえにできるよう、やるしかないことをやる。
関連記事


豚飼雑感 | 21:46:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad