FC2ブログ
放牧どうなる?
豚、鶏、山羊、羊、牛も⁈

http://chng.it/gRBBP8x2JB

 どうすればこの魅力的な飼育方法を守っていけるかを考えてもらいたいです。畜産農家にとって、どんなふうに家畜を飼うかは、たんに飼育技術というだけのことではなく、ライフスタイルでもあるのです。一つの農場で何万頭も飼育する企業から、少ない頭数を野外で放牧する農家まで、同じ方法(規制)で守ろうとするのは無理があるのではないかと思います。
 ただし、ウィルスの脅威はどんな農場にもあります。管理基準を徹底していた農場でも、発生はあったのだし、放牧している家畜は免疫力があるから大丈夫というのも誤解です。規制のために規制をするのではなく、まず多様な飼育方法の価値を認めて、それじゃあどうしたら守れるか、を考えるのがいいかと思います。
 ついでに、今回の改正では、猫などの愛玩動物を衛生管理区域内で飼育することも禁止されてしまいました。私はネズミ対策に猫を飼い、除草のために山羊を飼い、猪などの野性動物対策に犬を飼っていました。そういう目的があってもダメなものはダメなんだろうか?愛玩動物じゃないんだけど、、名指しで猫って、、

未分類 | 20:15:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
豚入りました
20200528195935d60.jpeg

2020052819591337b.jpeg

ぶじ、入りました。
ほっとしています。
支えてくださっているみなさま、ありがとう。
出荷まで、まだ一年ありますが、ぶじそだちますように。

未分類 | 20:02:47 | トラックバック(0) | コメント(1)
あした豚がきます。
自分で生むわけではないし、お母さん方に笑われそうですが、命をあずかるのはやっぱりどきどきしますね。

むりせずやります。

未分類 | 21:55:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
20200314163717f64.jpeg

石灰撒いて免疫力ダウンのハム職人。お疲れさまでした。

未分類 | 16:38:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
舗装その4
2020031022260651f.jpeg

白くうっすらと雪が。ちがいます、消石灰です。なぜかゴーバルには土木関係の経験のある人材が。工房長の亮太くんを筆頭に、汗をながして舗装しました。この事業は岐阜県と恵那市の補助を受けて行っています。

未分類 | 22:34:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ